男性型脱毛症対策エフペシア

エフペシア(F-Pecia)はフィナステリドを配合したプロペシアのジェネリック医薬品です。フィナステリドは、FDA(米国食品医薬品局)によりAGA(男性型脱毛症)治療薬として認可されており、世界60か国以上で承認されています。
インドのシプラ社が2011年頃から日本輸出用に供給を開始した、2006年に日本国内のAGA患者を対象にして行われた臨床実験では、3年間の適切な量のフィナステリド投与によって被験者の78%に発毛や育毛効果が現われたというデータが残されています。

エフペシアの成分
エフペシアの成分フィナステリドは、もともと前立腺がんや前立腺肥大症の治療薬として開発された薬ですが、AGAの原因の一つとして、酵素5αリダクターゼの生成を阻害し、さらに血中にあるDHTの産生を触媒する酵素の働きを抑制するという働きを持っており、脱毛症への効果が認められたためにAGA治療薬として注目されるようになりました。
フィナステリド(Finasteride)を有効成分とする経口薬には、プロペシア、フィンペシア、プロスカー、フィンカーなどがあります。

エフペシアの使用方法エフペシア
エフペシアの使用方法は、1日1回、1錠を経口服用します。効果が現れ始めるのには時間が掛かります。半年以上の服用期間をしっかりと守ることで効果が発揮されます。忘れないようにして服用量は絶対に守るようにしましょう。1日の上限量以上を服用しても効果は変わらないうえに、薬剤による体への負担が大きくなっていき肝機能障害など重大な副作用を引き起こす可能性があります。
また妊娠中や授乳中の女性は、薬剤に触れることも禁止されており、皮膚から有効成分を吸収することで、胎児の性機能に異常が出る恐れがあるので注意してください。
飲酒後の使用も厳禁です。肝機能障害によって眠気やだるさ、身体のむくみ、咳などの症状が起こることがあります。

エフぺシアの副作用
エフぺシアの副作用としては、主にむくみや性欲減退などがあります。もちろん副作用の発現率は高いわけではないのですが、絶対に出ない保証はありません。
性欲の減退や勃起不全の症状はエフぺシアの成分が男性ホルモンに直接働きかける自然現象です。初期段階にて服用を停止する事で症状は消えますが、 これから子供を持ちたいと考えている方には特に注意してください。
発毛剤とは長期的な使用が必要なので、腹痛、下痢、頭痛などの症状もあります。普段の生活に関わるような副作用も見逃さずに注意してください。

オススメ:

プロペシア・ジェネリック通販|フィナステリド|AGA治療