育毛剤の効果

現在、抜け毛問題に悩んでいる人はますます多くになっています。とりわけ男性の方は仕事に差し迫られ、ストレスを溜まり、抜け毛問題もさらに深刻になっているようです。育毛剤はある程度にその問題を改善できます。

育毛剤とは、現存する毛髪に影響を与え、抜け毛の防止・予防を行い髪の成長を促進させることを目的として開発、販売されているもののことです。一般的に市販されている育毛剤に含まれる有効成分の多くはほとんど同じ、多くの育毛剤に血行促進剤であり、塩化カルプロニウム、ビタミンC誘導体、イチョウエキスなどが入っています。

最近の市販の男性用育毛剤は種類も増えて、昔の育毛剤とは比べ物にならないほどしっかりとした効果も出ると思います。育毛剤にも種類があり、配合されている成分によって期待できる効果も変わってきます。以下は、人気な育毛剤を紹介します。

・ツゲイン(ロゲイン)
ミノキシジルは本来高血圧の治療用に開発された血管を拡張させる薬でしたが、その後発毛効果があることが判明し、現在では多くの育毛剤に使用されています。血行を促進して毛母細胞を活性化し、毛髪の成長を促す作用があるとされています。
ロゲイン同様ミノキシジル含有の塗布タイプ育毛剤で、ミノキシジル初心者にも扱い易く、有効成分ミノキシジルには血管を拡張させる効果があるため、頭皮の血流が増加し、頭皮の血行を促進してくれて結果、毛母細胞が活性化し、発毛促進されます。ジェネリック医薬品ですので、ロゲインよりも安価に手に入れることができますので、長期的な利用においてとても経済的な商品となっております。

・ミノキシジルタブレット
ミノキシジルタブレットは、アンドロゲン性脱毛症(男性型脱毛症/AGA)の患者への毛髪成長に対する刺激効果をもっています。また、ロニテンのジェネリック医薬品としても有名でロニテンよりも安価で購入する事ができます。ミノキシジルタブレットの成分・ミノキシジルの働きにより、血管が拡張され、髪へ栄養を与え、脱毛を抑えて、髪の成長を促す働きがあるといわれており、薄毛の気になる方や、育毛ケアをお考えの方、及び高血圧の治療をお考えの方に適した薬です。

・フィンペシア
フィンペシアは有効成分・フィナステリドを含有する、男性型脱毛症治療薬です。男性専用の治療薬ですので、女性の方は服用できません。フィンペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。ジヒドロテストステロン(DHT)は遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。