AGAに招く主な原因

 

AGAに招く原因は一つではありません。治療するために、原因がはっきりしるほうがいいです。以下の記事は、AGAにいたす原因についてを紹介します。実は一般的には、男性ホルモンと遺伝などを主な原因と考えています。男性型脱毛症は大きいな原因は男性ホルモン(テストステロン)です。テストステロンは5αリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することで、発毛が抑制されてしまいます。

「男性型脱毛症は遺伝する」と経験的には知られているが、どの遺伝子が原因なのかについて詳しく、分かっていない。日本ある研究チームは、40歳以前に頭髪が薄くなり始めた男性のいる家系の血液を分析してみた。その結果、若くして頭髪が薄くなる人は、X染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異が目立つことがわかりました。 研究チームは「遺伝子変異のため頭皮でアンドロゲンの働きが強まって、髪の毛が抜けやすくなるのではないか」とみています。男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の祖父が頭髪が薄ければ、自分も薄くなる可能性があります。ただ、研究チームは「ほかにも男性型脱毛症の遺伝子があると思われるので、一概には言い切れない」としています。(朝日新聞で経済掲載されています)

ストレス

ストレスを強く感じる人は、自律神経などのバランスが乱れやすいです。その結果、血流が悪化し、毛乳頭まで栄養が行き届くことがなくなります。ストレスは髪の成長を阻害するだけでなく、あらゆる病気に悪影響があると言われています。

食事・生活習慣

栄養バランスの悪い食事や喫煙習慣、睡眠不足などで、新陳代謝の低下をいたします。頭皮の状態にも悪影響を及ぼすので、毛髪の健康を崩壊する原因となります。